安佐南区で肩こり・スポーツ障害なら

くらいし花樹接骨院

〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東2丁目2-11
(安東駅から徒歩5分)

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~12:30/15:00~20:00
電話受付は19:00まで 土曜受付は12:00まで
定休日:日曜・祝日・木曜午後

ご予約・お問合せはこちら

082-878-1120

院長あいさつ

院長 倉石 美智子 プロフィール

お気軽にご相談ください
 

くらいし花樹接骨院の「花樹」ってなあに
 

花樹」は「かじゅ」と読みます。接骨院を開くとき、たくさんの女性に来てほしい。大地に根を張った大樹のようたくましく健康でいつまでも美しい花を咲かせる女性であってほしい。そんな女性の健康を応援する接骨院になろうと思ってつけた名前です。女の子からおばあちゃんまで年齢を問わず、女の人が気安く来れて、しっかり治る接骨院にしようと思います。

肩書

くらいし花樹接骨院 代表

FDMアジアンアソシエイション経理担当役員

FDM国際連合会員

資格

柔道整復師

福祉住環境コーディネーター

生い立ち
  • 1958年福岡県直方市生まれ
  • 小・中・高校時代ーー学校での学習が面白く、予習・復習・塾通いが日課、塾は小学校から高校まで欠かさず通い続ける。
  • 大学時代ーー法政大学経済学部に進学、初めて都会生活を体験。教員資格を取得したにもかかわらず先生になるのを断念、卒業後は横浜市で就職、サラリーウーマンとなる。仕事に追われつつも職場結婚、子育てと仕事を両立させる毎日をすごす。
  • 娘が6歳の時、父が脳梗塞で倒れ、両親と同居のため広島に住所を変更。15年にわたる介護と仕事と子育てが始まる。
  • 広島で両親と同居し、日々の介護は続いていたが、健康と向き合う生活の中で健康で動けることがいかに幸せかが身に染みてわかる。父が車いすからトイレへ移乗中に右股関節を捻り骨折、母は膝の痛みがひどくなり両膝とも人工関節の手術を受ける。術後の回復は思い描いた結果とは違って、どちらも痛みや腫れが取れることはなかった。
  • 娘が大学生になったのを機に、朝日医療専門学校を受験。柔道整復師の資格取得を目指す。車いすの父も応援してくれ、昼は社会保険事務所でアルバイトをしながら夜間のコースを卒業。柔道整復師国家試験に合格する。
  • その春、柔道整復師の資格取得後、痛みに向き合い先進的な理論で施術を行うFDMアジアンアソシエイションに入会。FDM施術の学習を始める。
  • 試験に合格の知らせを聞いた2か月後「開院したら受付を手伝う」と言ってくれた父永眠、涙が止まらず。一日も早い開院を目指してひたすら施術の勉強をする。
  • くらいし花樹接骨院を開院したあとも施術に関する知識・技術をさらに深く学ぶため、定期的にワークショップへ参加する。またFDM国際インストラクターを目指し技術の向上に励んでいる。
  • 一方、サッカー・ラグビー・野球・テニスなどのスポーツの観戦に熱い時間を費やし、家庭では娘・孫たちと共に琴やバイオリン、ピアノの合奏を楽しんでいる。

 

経歴
  • 3月 法政大学 経済学部経済学科卒
  • 2011年 3月 朝日医療専門学校(広島校) 柔道整復学科卒
  • 2011年 3月30日 柔道整復師 免許証取得
  • 2011年 4月 FDMアジアンアソシエイションに所属する
  • 2011年 FDM九州セミナー・大阪セミナーに参加
  • 2012年 2月FDMレベルー1公式セミナー受講
  • 2012年 7月くらいし花樹接骨院を広島市安佐南区で開院
  • 2013年 FDM大阪国際セミナーで足首捻挫、テニス肘、鞭打ち症、急性腰痛、肉離れを受講
  • 2014年 FDM大阪国際セミナーで胸椎ストレイン、腰痛(初級・中級)を受講
  • 2015年 FDM東京国際セミナーで頭痛、股関節の痛み、恥骨結合炎、弾発股を受講
  • 2017年 FDM国際学術会議(ドイツのケルンで開催)で「慢性の肩の痛み」五十肩の施術を発表
  • 2018年 FDM大阪国際セミナーで外反母趾、打撲痛、かかとの損傷、足底腱膜炎、腰痛を受講
  • その間国内のFDMセミナー・ワークショップに多数参加、継続して学習を続ける
  • 2020年 FDM国際学術会議(日本の大阪で開催)出席予定

 

所属団体

FDMアジアンアソシエイション(経理担当役員)

FDM国際連合

柔道整復師会協同組合

ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。くらいし花樹接骨院院長の倉石 美智子です。

「接骨院、先生お一人でやってらっしゃるんですか?、女の先生は珍しいですね」はじめて来られる方によく言われる言葉です

はい、くらいし花樹接骨院は女性院長一人の接骨院です。鍼灸師の先生には女性も多いのですが、女性の柔道整復師は少ないですね。専門学校でも受験者はほとんど男性で、国家試験の科目にも柔道実技があります。私も3年間みっちり柔道の実技を行いました。

もうどのくらい先生されているんですか?そう聞かれると、かれこれ10年ですとお答えします。私がこの資格を取ったのは約10年前です。柔道整復師としてはレイトスターターです。高校を出て専門学校へ進み資格を取るのが一般的なら、私は大学を卒業してしばらく社会で仕事と子育てをし、親の介護をし、ひと段落ついてからのスタートですから。

なろうと思ったきっかけは親の介護です。脳梗塞で倒れ日ごろは車いすの父ですが、ある日トイレで手すりをもって立ち上がり、向きを変えようとして転び大腿骨を骨折したのです。骨折は治ったのですがリハビリをしても足の動きはいいとは言えず痛みも訴えるようになりました。母にも異常が出ました。以前から良くなかった膝の痛みを強く訴えるようになり、とうとう人工関節の置換手術を行うことになりました。二人とも高齢になってゆくし、痛い痛いの連呼でした。空気も重くなるし、この痛みどうにもならないのと両親を見ながら思っていました。

その当時私は建築士の資格を持って注文住宅の会社で設計営業の仕事をしていました。娘は受験生、車いすの父と介護をする膝の悪い母、そしてそのサポートを仕事を続けながらする私。ある日リーマンショックで会社が広島支店を閉鎖することになり、私は再就職を考える必要に迫られました。再就職も厳しい年齢、一人でもできる仕事、健康に関わる仕事、できれば両親を助けて長く続けられる仕事にしようと心に決めて、資格を取得し開業の道を選びました。娘も県外の大学に合格が決まり、自分自身勉強する時間も取れるのではないかと40歳も後半、私は朝日医療専門学校の学生になりました。しかし思ったより以上に学費が高く、二人分の授業料のためには昼間は社会保険事務所の期間雇用で働きながら、夜間のクラスへ通いました。

父は接骨院の開院を心待ちにしていました。「開院したら受付に座ってあげる」と言って笑っていました。不自由で引きこもりがちな父でしたが、接骨院の話になると楽しそうでした。一日も早く開院できるように必死で勉強をしました。開院できれば父の足を見てあげられる、母の膝を見てあげられるという思いも重なっていましたので国家試験に合格したときは大変うれしかったです。

専門学校でで勉強しているとき、私はこのような施術者になろうと、思いを強く持ったきっかけが二つあります。

 1、尊敬する先生との出会いです。

 2、そして、絶対に会得したい手技FDMとの出会い。

生理学の好きな私はいつも一番前で先生の授業を聞いていました。ご高齢で長年教段に立たれている先生はOHPが好きで、私は機械のセットやスライドの入れ替えを率先して手伝っていました。あるとき先生が「いつも手伝ってくれてありがとう、お礼に食事を提供しますよ」と声をかけてくださり、ランチを御馳走になりました。

その時その先生が、施術するようになったら「患者さんの痛みを取ってあげられる人になって下さい」と言われたのです。長年新薬の研究や大学の医学生に生理学を教えてこられた翁先生からの「痛みを取る」という言葉は深く心に残りました。

そして二つ目は同じく在学中、FDMの施術との出会いです。驚くほどの回復スピードに目が釘付けになりました、肉離れや足首捻挫の施術でしたが、歩くのも不自由で足首を固定されている受傷者が、FDMの施術を20~30分受けただけでで歩けるようになったのです。捻挫をしていた足なのに施術後は片足ケンケンをしているではありませんか。足首捻挫の通常の施術では考えられない回復の速さです。それ以来FDMへの興味は膨らむばかりで、自分がするならこの施術、絶対に会得したいと強く思いました。

 

大切にしていること

接骨院に来られる患者さんに、ここは保険がきくのですか?と問われることがあります。接骨院(整骨院)は保険の取り扱いがあります。

但し、「外傷性が明らかで慢性に至っていない負傷に使えます。」こういっても患者さんはよくわからないと思います。これは受傷についてはいつ、どこで、どうして負傷したかがはっきりしているもの。ケガというのは骨折・脱臼・打撲及び捻挫・挫傷のどれかである事です。外傷性というのは可動域を超えたねじれや外力によって体の組織(筋肉や腱や靱帯、関節や骨のこと)が損傷を受けた状態のことを言います。では3年前のケガでもよいかというとそうではありません。体の組織の損傷の状態が慢性になっていないものということになります。また内科的原因による疾患を含まない、と決められています。

患者さんは痛くて、この痛みを何とかしてほしいから接骨院に来られます。また接骨院なら保険が使えると思って来られているかもしれません。ですが、保険適用にはルールがありますので、接骨院ではすべての痛みにたいして保険が使えるわけではないのです。

また、早く治したいとか、時間をかけてでもしっかり治したい、などのご要望もあります。1週間後の試合に出たいとか、春までには痛み無く歩ける様になりたいなど、お一人お一人の思いをしっかり受け止めることも必要です。

ですので、くらいし花樹接骨院では、保険の適用範囲だけで施術をするのではなく、自由施術をふくめ、結果を出すための施術をさせていただいております

当院のメインの施術はFDMの技術を使っております。FDMの技術はこれまでの柔道整復術や鍼灸・マッサージ、各種の矯正法・カイロプラクティックとも違います、今話題の筋膜リリースやかっさ、トリガーポイント療法でもありません。さらには電気治療、つぼ療法、指圧そして気功とも違います。

FDM(ファッシャル ディストーション モデル)は急性、慢性を問わず損傷を構成する組織の変性 ”筋膜ディストーション” を修復することで痛みを取り除き、可動域を回復させる技術です。これはここ十数年にデザインされた新しい技術で、先進的技術です。まだ施術者が少なく中四国地域ではくらいし花樹接骨院だけが施術をしています。

FDMの施術は痛みを取るために数百のテクニックが準備されています。一回の施術でも使う技術は一つ以上数十になることもあります。FDMの難しさは一人一人違う痛みに対しその痛みにあったテクニックを正確に準備し施術していくことにあります。それはオートクチュールのようにお一人お一人の痛みに合わせて沢山の手技から必要な手技を選んで組み合わせ、施術していく必要があるからです。

そしてテクニックを施す順番・範囲・強さ・時間などすべて一人一人違います。正確に施術を行えばおのずと結果が出てきますが、その技術で施術するにはかなりの熟練が必要です。そして習得した技術は日々研鑽し磨きをかけなければ錆びてしまいます。

くらいし花樹接骨院では年に数回あるFDMのセミナー・ワークショップ、また国際セミナーで患者さんのための技術をより深く学び、習得を続けています。(当院はFDM継続施術院に認定されています)セミナーには日本全国から参加したメンバー同士、お互いに練習台になって正確な技術を習得し、各々の症例を共有します。このように継続的に学習を続けることで、より新しい情報や技術を患者さんに提供することが出来ます。

 

 

ご来院をお考えの方へ

先進的なFDMの施術は、体中の筋膜(ファッシャ)の歪みを矯正し、また元に戻すことで固有の痛みを除いてゆく技術です。それは体中いたるところにある筋膜組織に必要な働きかけをして、時には筋膜の円滑な動きを再び取り戻したり、筋膜・筋肉・骨組織間の連携機能を回復させたり、関節の動きの問題や筋肉・腱・靭帯の異常を戻してゆく技術です。

この技術を駆使して全力で施術を行います。そして必要なら電気療法などの物理療法も合わせて行ってゆきます。

正確な施術をするために、詳細な聞き取りと動きの確認や各種の動きをみるテストなど、施術に入る前に痛みの状態を確認します。また必要に応じてご説明をいたします。施術中でも疑問や質問がございましたら何でもお聞きください。

くらいし花樹接骨院は体の痛みを取ることで、これまでできなかった患者さんのしたいこと、やりたいことをできるようにサポートします。患者さんの思いを大切にします。

患者さんの「月末に東京へ行きたいからそれまでに腰の痛みを取っておきたいの」とか「明後日から試合でツアーに行きます、だから今日中にこの足の痛みを取って」という願い、そして「もう痛みが出ないように根本的に悪いところを直したい」という言葉に全力であたります。

そして、毎回可能な限りの施術を行い、明日以降痛みが出たときの対処法や、とりあえずあると助かるものなどのご紹介、やってはいけない動きや必要な運動などをご説明します。

また一定の痛みが取れた状況では、繰り返し痛みが出ないように日ごろのメンテナンスをお勧めしています。いつでもできる簡単ストレッチや気を付けたほうが良いこと、やってはいけないことなどお話します。

ご要望があれば、もう少し体を動かしてみたいと言われる方に、用具を使った運動などもご紹介いたします。ウォーキングの良いところと注意点、ストレッチポールを使ったエクササイズなどをご案内いたします。

最後になりましたが、当院では1年に1度、体制分測定キャンペーンを行っております。体制分測定(インボディ検査)では左右の手足別と体幹の筋肉バランスを測ります。上半身より下半身の筋肉量が少ないとか、右腕は左腕に比べて筋肉量が多いとかの身体バランスや身体強度のチェックを行います。定期的にご利用いただいている方は履歴データを個人別にグラフにしてみることもできます。日ごろの体の健康チェックにご利用いただいています。

くらいし花樹接骨院ではケガや痛みの施術から予防、日常の管理まで安心してご利用いただけるようトータルな身体の健康管理を心掛けております。いつ遭遇するかわからない突然のケガに対して、また慢性的に抱えている痛みにこたえられる施術で皆様の笑顔と健康をサポートしています。

当院概要・アクセスはこちらへ

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せはこちら

082-878-1120
受付時間
9:00~12:30/15:00~20:00
電話受付は19:00まで 土曜受付は12:00まで
定休日
日曜・祝日・木曜午後

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せはこちら

082-878-1120

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 ×
午後 × ×
受付時間

9:00~12:30/15:00~20:00
電話受付は19:00まで 
土曜受付は12:00まで

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

日曜・祝日・木曜午後